Blog

2022.05.20 未分類

モノラルGRにDi2を入れてみる。

自転車のことに興味がない人には何のことやらなタイトルです。

新進気鋭のチタンバイクメーカー、モノラルのグラベルモデルGR。

GRの変速システムを電動変速システムのDi2を入れてみるというお話しです。

全く問題なく導入できました。

以上!

というのも寂しいので、とりあえず写真。

案ずるより産むがやすしで、きれいに内装できました。

フレームのダウンチューブの変速ワイヤー用穴も少し通りにくいけれど問題なく通せました。

わたしはいつも変速のインナーを使って通しています。

チェーンステーも、

ディレイラーハンガーをはずして、チェーンステーの穴の中にコードを入れればBB側に

入れられます。最後、BB側、コードを持ち上げれば簡単に通ります。

全く問題なく配線終了。

バッテリーと、ジャンクションにつないで動作確認して終わりです。非常に簡単です。

関係ないですけど、せっかくなので先日の町中華ツーリングの上野原の天龍さん。

中はきれいですよ。

お店の周りにも花が咲いていて、綺麗でしたよ。

中華丼セット食べました。

夏には冷やし中華を食べに行こうと思っています。

2022.05.02 未分類

ARAYAの自転車扱っています。

写真はARAYAのフェデラルです。

ARAYAの自転車、取り扱っています。

けっして新しくはないですが、ARAYAの自転車にまたがると何故かホッとします。

早くは走れませんが、長くは乗れると思います。

写真のフェデラルは、ホイールがタイヤサイズが650B(以前は650A)になっています。

微妙に変化しています。微妙に流行りにのっています。

現在、納期が非常に先になっているメーカーがほとんどですが、

比較的アラヤは納期が早いです。

このフェデラルも、すぐ入荷する可能性大です。

ほかのモデルも2.3カ月から年内には入荷するようです。(2022年5月2日現在)

納期は注文してみないとわからないですし、入荷の時期もはっきりとは言えないですが。

ARAYAのマウンテンバイク、マディフォックスもなかなか良いモデルもありますので

是非是非、ご注文お待ちしております。

2022.04.29 未分類

推しペダル、クランクブラザース

わたしの一推しペダルはクランクブラザースです。

シマノのSPDペダルでも、全く問題は無いのですが

クリートの遊び具合がちょうど良いのです。

クランクブラザースの代表的なペダル、エッグビーターが発売されたときは

一発屋ですぐ無くなってしまうメーカーかな?なんて思いましたが、

痒いところに手が届く的なかんじで、優れた商品をどんどん出してきて

ペダルだけではなく、ホイールや、携帯ツール、シューズまで販売しています。

今度はなにがでてくるか?次が楽しみなメーカーです。

ペダルもスモールパーツが充実しているし、メンテナンスも簡単なので、

いじるのが好きな人にも楽しめます。

わたしはMTBだけではなく、ロードにも使っています。

このペダルを使っていれば、いざ自転車を押してのぼるときも安心です。

きっとこれからは、おそらく、たぶん、望んではいないのではありますが、

確実に登りで押す場面が増えていくはずですから・・・。

2022.04.15 Blog

MERIDA CROSSWAY300ーD入荷しました。

2021年 MERIDA CROSSWAY 300-D入荷しました。

あれ?今年は2022年では?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、

現在の自転車業界の現実はこんな感じです。

2021年に注文したものが2022年に入荷するのです。

年式は古くても、2022年モデルと変わりません。(色が違うぐらいです)

しかも、値段が安いのでお買い得です。(安いと言っても普通なんですけど)

2022年モデルから大幅値上げなのです。

人気のマッドブラックです。

サイズは460ミリ、適正身長は160cmから180cmです。

価格は税込み68,200円です。

入荷は一台限りですので、早い者勝ちです。

2022.04.07 Blog

源義賢の墓みてきました。

先週ですが、荒サイで東松山の森林公園までいって比企の里を

回って、武蔵嵐山にでて、以前行ったブルべのコースをたどりつつ、

そのコース沿いで気になって源義賢のお墓に寄ってみました。

「鎌倉殿の13人」に先週登場した源義仲のお父上のお墓です。

ここは埼玉で一番低い峠の「笛吹峠」の近くです。

笛吹峠には畠山重忠さまの旗がたっていました。

次回は畠山重忠さまの館に行きたいと思います。

「鎌倉殿の13人」は舞台が関東なだけに近場に

史跡が沢山あって楽しいです。

2022.04.04 Blog

泣きたいときは突然来る。

今日は泣きました。

朝ドラで泣いたのではありません。

仕事で泣きました。

雨なので、サクッとこいつを終わらせて次の作業をしよ、

なんて軽く考えていたら地獄を見ました。

問題の作業は、クランクブラザースのエッグビーターのオーバーホール。

ボディの中にシールドベアリングの枠だけ残ってしまっていた。

その枠が取れないのが地獄です。

マイナスドライバーでほじくりだそうなんて、全く無理。

結構考えました。

スポークを加工したり、、、、。

これでひっかけて、

ではとても無理でダメ男でした。

考えて、考えて、モノタロウでなんかないかと考えました。

そして、最終的に行きついたのが五寸釘。

これで叩き出しました。

五寸釘って、柔らかいので叩くたびに先っぽをヤスリで加工して、

なんとかはずしました。

なんどギブアップしようかと思いました。

ちなみにはずしたのは、

この輪っか。

4時間かかりました。

そのあとのオーバーホールは30分もかかりませんでした。

修理代金、いっぱい請求します(うそです)。

うまく取れて、良かったです。

五寸釘、あなどれません。でもこれ、五寸もないからただの長めの釘でした。

なにはともあれ、良かったよかった。

2022.03.28 Blog

変わらないもの・・虫ゴムは永遠にあるのか?

すみません、最初に謝っておきます。

今日の話題は、恐らくかなりつまらないかと思います。

ただ、わたし個人の感想と言うか、感慨深いというか、

なにかわかりませんが、虫ゴムについて書いてます。

虫ゴムです。

自転車の空気を入れるところのバルブの中ににあります。

虫ゴムは、わたしが自転車屋としてデビューしてから全く変化はありません。

基本、手作りです。

作る作業は単純ですが、結構つらいです。

とくに冬場はつらいです。

水は冷たいし、ゴムは入りにくいのであんまり頑張りすぎると

手の皮もむけます。

なので、最近はちょっとずつ作るようにしています。

歳をとると、すぐ手が荒れるので・・・。

しかし、嬉しいことがあります。

利益率が良いのです。

当店では1個100円で交換しています。

100個交換すれば一万円です。

ですので、みなさんパンクの予防のためにも

1・2か月に一度は交換しましょう!

(本当は半月ぐらいで交換しましょうと通常は

言っています。)

夏前に交換すると効果的です。

37年間、虫ゴムを作り続けてきたわたしが言うので

間違いないです。

この先も辛いですが、ずーっと作り続けていくことでしょう。

しかし、いつまで虫ゴムは存在するのでしょうか?

そんなことはどうでもいいので、しつこいようですが

虫ゴムは1・2か月でなくても良いので定期的にかえましょう!

2022.03.26 Blog

今欲しいもの、パート3

今欲しいもの、パート3はZIPPのホイール303Sです。

今話題のフックレスリム採用で低圧でも路面抵抗が少ない、

まさにロングライド用にはもってこいのホイール。

価格もお手頃の16万円台。

チューブレスでもビードが簡単にあがるようです。

フックレスリム使ってみたい今日この頃です。

取り寄せできます。

2022.03.25 Blog

なんとなくパリ・ブレスト・パリ

ブルべの王様、パリ・ブレスト・パリが来年開催されることに

先日、ふと気がつきました。

なんとなく、来年なら出てみたいなぁなんて恐れ多いのですが、

思ってしまいました。

今から500円貯金すればとか、4月からラジオ講座で

フランス語を勉強するとか、来年までなら何とかなりそうな

気がしてきました。

なんとなく、やる気も出てきました。

パリ・ブレスト・パリに出るには、その年のSR(200、300、

400、600キロのブルべに完走)が条件なのも、

来年なら頑張れそうな気がする。

これはやるしかないと心に誓った。

そして、前回のブルべ参加者の達人に、

「どんなもんですかね?」と聞いたら、

なんと!前年に1000キロのブルべに出なくては

エントリーするのが難しいとのこと。

無理だ、今からどう頑張っても1000キロのブルべに

完走する自信はみじんもない。

パリ・ブレスト・パリへの道のりは想像以上に遠かった。

一応、その1000キロブルべは9月ごろにあるそうです。

その時まで、パリ・ブレスト・パリへの思いが強ければって感じですね。

何はともあれ、

来るべきの時に備えて、日々鍛錬しかありませんね。

2022.03.24 Blog

名前不明の観葉植物の植え替え

定休日明けは、うっかりしてネタを仕込み忘れてしまった。

今欲しいものは沢山あるので、欲しいものシリーズ

にすれば良いのだが、あんまり安易に使うのもどうかと思って

とりあえず、朝一でやった観葉植物の植え替えでも紹介します。

こんなにしおれてしまった。

たぶん根腐れが原因。

兄弟はこんなに青々してます。

鉢から出してみたら、予想通り根っこだらけ。

根っこの育ちがよさそうな植物だから深めの鉢に植え替えしました。

こんな感じになりました。

これで暖かい日が続けば良いのですが。

シティサイクルも入荷してきたので、

通勤用に如何でしょうか?

梱包はがしてなくてすみません。

定休日明けはバタバタしてます。